15-ハンディ
今日の日記は・・・

宣伝です、ハイ。




私のパソコンの生徒さんが本を出されるんですって。


すごい!
私は筆不精なんでとてもじゃないが出来ません。^_^;
ブログですら、いつまで続くのやら・・・って感じですからね。
尊敬してしまいます!


小学館から7月9日に発売されるそうです。
【予約】 15-ハンディ ~わが子は耳の聞こえぬテニスプレーヤー~

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
聴覚障がいで生まれつき耳が聞こえない、15歳のテニスプレーヤー梶下怜紀君。

ボールを打つ音も観客席の歓声も聞こえない。しかし全国大会、国際大会で数々の優勝、松岡修造の「修造チャレンジ」のメンバーにも選ばれ英才教育を受け、今や健聴者と互角に戦う将来有望な選手として注目されています。

'09年9月には4年に一度の「聴覚障がい者のオリンピック」であるデフリンピックに日本代表として内定。メダルを目指します。

ハンディを乗り越え、世界大会のコートで活躍する日を夢見て、日々邁進する家族の物語を母・律子さんが綴ります。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


興味のある方は是非書店で手にとってみてくださいね。(^_-)-☆
テニスクラブ Tension のブログはこちら



mixiチェック

<<旅フェスタ in Hiroshima | 八方美人食材 「天かす」 >>